オンラインセミナー
Windows 365 vs Azure Virtual Desktop
それぞれの使いどころからセキュリティ対策まで徹底解剖!

リモートワークやハイブリッドワーク、派遣など多様な働き方が広がる中で、従業員のエンドポイント環境の検討が大きな課題となっています。

オンプレ型の VDI や FAT 端末の代替手段として、短時間で導入でき、拡大・縮小が柔軟にできるクラウド VDI を導入しようと検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

先日マイクロソフトからリリースされた Windows 365 は、月額の料金体系とシンプルな展開・管理を特徴とし、より簡単に仮想デスクトップを利用できるサービスとして注目されています。
また、Azure Virtual Desktop(以下、AVD)は Windows 10 マルチセッションによるコスト削減や、GPU 搭載可能で開発・設計業務にも対応できるなど、柔軟に仮想マシンを選択できるメリットがあります。クラウド VDI の新たな選択肢が広がる中、Windows 365 と AVD、どちらが自社にとって最適なのか知りたいというご相談も増えてきました。

そこで本セミナーでは、Windows 365 と AVD、それぞれどんなケースでの利用が最適なのか、コストメリットがあるのはどちらかなど、気になる部分を徹底解剖するとともに、クラウド VDI を利用する上で欠かせないセキュリティ対策についても JBS の知見を惜しみなく紹介します。
自社のエンドポイント環境整備にお悩みの方は必見です。是非ご覧ください。

このセミナーの概要
  • オンデマンド配信中
  • こんな方におすすめ
    • 情報システム部門または事業部門にてクラウド VDI の導入を検討している方
    • 自社またはグループ企業のエンドポイント環境整備を検討している方
    • Windows 365 と Azure Virtual Desktop を比較検討している方
    • セキュリティ対策とあわせてクラウド VDI を検討したい方
    ※同業の方の参加をお断りさせて頂く場合があります。あらかじめご了承ください。
  • アジェンダ
    • 12:00-12:50
      知っておきたい Windows 365 と AVD の概要・特徴
      Windows 365 と AVD それぞれの優位ポイントとコスト比較
      Windows 365 と AVD 自社に最適なのはどっち?ユースケースをご紹介
      クラウド VDI 導入と同時に考えるべきセキュリティ対策
    • 12:50-13:00
      質疑応答
  • 主催
    • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • スピーカー
    • terada_bio_round.png
    • 小澤 賢太郎
      日本ビジネスシステムズ株式会社
      ソリューション推進本部 Azure/ビジネスソリューション部 1課

      主にクラウドプラットフォーム関連製品を担当
      技術/マーケティング部門と共に Azure Virtual Desktop 拡販活動を推進

のプライバシーポリシー

のプライバシーポリシー

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。