オンラインセミナー
ローコード開発でもここまでできる!を教えます
- Power Platform を利用したアプリケーション開発のススメ -

Microsoft 365 を導入し、Microsoft Teams のチャットや Web 会議を始めとした新しいコミュニケーション方法を取り入れ、出社と在宅を組み合わせたハイブリッドな働き方に慣れてきたものの、
「メールで届いた情報を自動的にチャットで共有したい」
「入力項目を段組みにして入力しやすくしたい」など、
「こうなっていれば・・・」と思った経験はないでしょうか。

Power Platform を利用することで、そういった「あと少し」に手を届かせるカスタマイズができるようになります。
Power Platform は Microsoft 365 と連携できるため、例えば Outlook に受信したメールを Microsoft Teams の特定のチームへ自動投稿して集約したり、勤務状況をリアルタイムに共有する業務アプリケーションを組み込んだり、とカスタマイズ内容は多岐に渡ります。

しかも、カスタマイズはローコードで実装できるため、プログラミングスキルを持たない
エンドユーザーでもコツを掴めば扱えることが魅力です。

本セミナーでは、そんな Power Platform を利用したアプリケーション開発を行う際に気を付けるべき点の紹介と共に、ユーザー自ら対応できる範囲とアプリ開発有識者による対応が求められる範囲について解説します。

個人利用のシンプルな機能の追加実装から、組織全体で利用するアプリケーションの開発まで幅広いカスタマイズが実現できるからこそ生じる開発時の考慮点の違いや難易度の違いを理解していただき、より快適なハイブリッドワーク環境の実現にお役立ていただければと考えています。

Microsoft 365 を Power Platform でカスタマイズし、業務にもっと役立てたいとお考えの方はぜひご参加ください。

本セミナーは過去に開催したセミナーの続編です。
内容の理解をより深めていただくために、ご参加いただく前に、第1回と第2回のセミナーのオンデマンド配信を事前にご覧いただくことをオススメします。

第1回 「リモートワークの特効薬!あとちょっと…を実現する Power Platform の活用事例をご紹介」
 視聴はこちら

第2回 「先人に学ぶ!Power Platform アプリ開発メソッドと陥りがちな落とし穴」
 視聴はこちら

このセミナーの概要
  • オンデマンド配信中
  • こんな方におすすめ
    • 情報システム部門の方
    • Microsoft 365 導入済み企業の方
    • Power Platform を利用したアプリ開発を検討している方
    • Power Platform の利用を開始されている方
    • Power Platform で実装するアプリの概要を掴みたい方
    ※同業の方の参加をお断りさせて頂く場合があります。あらかじめご了承ください。
  • アジェンダ
    • 12:00-12:35
      Power Platform を利用したアプリケーション開発のススメ
    • 12:35-12:45
      質疑応答
  • 主催
    • 日本ビジネスシステムズ株式会社
  • スピーカー
    • 江口 慧
       日本ビジネスシステムズ株式会社
       モダンワークプレイス本部
       クラウド開発部 クラウド開発2グループ

のプライバシーポリシー

のプライバシーポリシー

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。