ウェビナー

目指すべきは完全リモート化!?S/4 HANAへの移行アプローチ!

SAP ERP を長らくご利用の企業においては、いわゆる“2027年問題” を解決し、基幹システムの次世代化を図ることが、COVID-19 のビジネス影響を受ける状況下でもなお、中期的な重要課題であると考えます。

リビルドやマイグレーションなどの基本アプローチ、導入範囲の設定、体制の組み方…様々な選択肢がある中で、移行プロジェクトの設計も、その難易度を増しています。
その中で、コストと実現スピードに優れる選択肢は、広くお客さまにおいて検討に値するものと考えます。
移行後に可能となるデータ活用やシステム連携(クラウドサービス間の API 連携)の選択肢が増え、更にその選択肢を選ぶリソースを確保でき、ビジネス効果の実現に目を向けられるためです。

本ウェビナーでは、JBS の SAP ERP の “超短期” マイグレーション事例をご紹介します。

このセミナーの概要
  • オンデマンド配信(動画にいつでもアクセス可能です)
  • 視聴時間:38分(セッション 38分)
  • こんな方におすすめ
    • SAP S/4HANA への移行をご検討されている方
    • SAP HANA Enterprise Cloud へと基盤運用の移管をしたい方
    • SAP や他システムからの帳票出力を基盤化したい方
    • OCR を活用し、紙運用の定型業務を自動化させたい方
  • スピーカー
    00468_round.png

    奥津 宏之
    日本ビジネスシステムズ株式会社
    ビジネスソリューション本部 SAPソリューション部

    00468_round.png

    佐藤 裕一
    日本ビジネスシステムズ株式会社
    ビジネスソリューション本部 SAPソリューション部
    ERP基盤グループ

個人情報の取り扱いについては、個人情報保護方針・個人情報の取り扱いについての定めに従うものとします。

 個人情報保護方針・個人情報の取り扱いについて

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。