Windows Server だけで構築できる
HCI「Azure Stack HCI」を徹底解説!
さらに将来の CloudNative な IT 基盤の姿も語ります!

本セミナーでは目の前にある課題として仮想基盤のリプレースを考えているお客様に向けて、今最もコストパフォーマンスの高い Azure Stack HCI という選択肢をご紹介しつつ、更に将来のクラウド、コンテナ時代の IT 基盤、基盤管理に関してもお伝えします。

本セミナーは 2020年 3月25日(水)に行われたオンラインセミナーのオンデマンド配信です。

アジェンダは下部の「アジェンダを確認する」を参照ください

このセミナーの概要
  • オンデマンド配信(動画にいつでもアクセス可能です)
  • 再生時間:190分(セッション 40分x1, 30分x3 +Q&A 30分x2)
  • こんな方におすすめ
    • 情報システム部門の方
    • 既存仮想基盤のリプレースを検討中の方
    • 仮想基盤のコストダウンとパフォーマンスアップを行いたい方
    • 仮想基盤とパブリッククラウドとのハイブリッド構成を検討されている方
    • ハイパーコンバージドインフラ」に興味がある方
    • Hyper-V を利用されている方
    • 次期基盤としてコンテナの動作基盤を検討中の方
    • データセンター外でハイパフォーマンスなサーバーを稼働させたい方
  • 概要
    • 第1部では最高のコストパフォーマンスを実現する Azure Stack HCI を徹底解説します。
      既存仮想基盤や Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 のサポート切れ対応も含めて「現在の仮想基盤のリプレース」を検討する組織が増えています。そして、現在新しい仮想基盤の選択肢の筆頭に上がるのが「HCI (ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)」です。専用のストレージ装置を必要とせず、高い拡張性を実現する次世代のアーキテクチャーです。 ですが、実際に HCI を検討してみると思ったよりも高価であったり、今まで利用していた基盤と技術が異なるために移行に踏み切る事が難しいという声も多く聞こえてきます。そんな方に是非知っていただきたい最高のコストパフォーマンスを誇る HCI が Azure Stack HCI です。
      概要の続きを読む Windows Server の機能のみで構成できる HCI であり認定済みハードウェアを用いることで安定動作し、高いパフォーマンスを発揮します。さらに既存の Windows Server に関しての知識も活用可能です。新しい基盤を一括管理する新しいツールも登場しています。

      Azure Stack HCI とは何なのか、なぜコストパフォーマンスが高いのか、どのように利用できるのか等をデモも交えて詳しくお伝えします。 仮想基盤刷新を検討されている方、特に HCI を次期基盤として検討している方は是非お見逃し無く!

      第2部では HCI を用いて新仮想基盤を構築した後の将来のITの基盤の姿についてがテーマです。 仮想マシンでのシステム構築から、クラウドサービスの利用さらにコンテナを用いたシステム開発に移行していく大きな業界の流れがあります。次期仮想基盤として HCI を導入する状況の企業にもわかりやすい形で、最新の Cloud Native 市場の状況をお伝えし、将来への道筋を思い描いていただきます。

      本セミナーでは参加者の皆様に十分にご理解いただくために、十分な時間の Q&A 時間を設けて進行しました。当日のQ&Aの様子もオンデマンドでご覧いただけます。
アジェンダを確認する
  • 00:00-00:10
    ご挨拶
  • 00:10-00:50
    「最高のコストパフォーマンスを実現する Azure Stack HCI 徹底解説」
    日本マイクロソフト株式会社
    パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 クラウドアーキテクト本部
    クラウドソリューションアーキテクト
    高添 修 氏
  • 00:50-01:20
    「見て理解する Azure Stack HCI」
    日本ビジネスシステムズ株式会社
    事業企画本部 MS統合サポートセンター Center of Excellence
    シニアエキスパート
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management
    胡田 昌彦
  • 01:20-01:50
    「Lenovo Enterprise Solutions が提供する最新の Azure Stack HCI とエッジサーバー」
    レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社 技術営業本部
    担当マネージャー
    坂巻 宏亮 氏
  • 01:50-02:20
    Q&A
  • 02:20-02:50
    「”データセンターからエッヂまで” コンテナオーケストレーションが実現する Cloud Native の世界」
    Rancher Labs
    Sales Director - Japan
    西原 順二 氏
  • 02:50-03:20
    Q&A
  • 03:20-03:30
    クロージング

個人情報の取り扱いについては、個人情報保護方針・個人情報の取り扱いについての定めに従うものとします。

 個人情報保護方針・個人情報の取り扱いについて

  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。