metis sofie についてよく寄せられるお問い合わせ

ここでは、metis sofie の導入や利用について、よく寄せられるお問い合わせとその回答を紹介します。

導入や購入のお問い合わせ

metis sofie を導入するにあたり、必要な環境・前提条件は何ですか?
  • Office 365 E1 以上の Microsoft Teams が使用できる環境であること
  • Microsoft Teams アプリストアからのアプリインストールを許可しているか、またはテナントアプリカタログを許可していること
  • 利用者が以下のブラウザの最新版を利用できること
    • Google Chrome(推奨)
    • Microsoft Edge
metis sofie を使用するうえで、どのような導入作業が発生しますか?

Office 365 へのアクセス権限を付与する作業を実施していただきます。本作業を実施するうえで、Office 365 の管理者権限が必要です。詳細は こちら をご覧ください。

metis sofie を無料で利用することは可能ですか?

現在、49ユーザー以下のご契約に限ってはmetis sofie 無償版をご利用いただくことが可能です。こちら よりご連絡ください。無償版の場合、metis sofie のすべての機能を利用することができますが、技術サポートを受けることはできません。

metis sofie を有償で契約した場合、どのような費用が発生しますか?

ご契約ユーザー数あたりの月額利用料が発生します。初期費用は一切発生しません。 詳しくはこちら をご覧ください。

metis sofie を利用するにあたり、契約のライセンス数はどのようにカウントしますか?

metis sofie の画面にアクセスする必要のあるユーザーの数をカウントしてください。metis sofie を使用しないユーザーのライセンスは必要ありません。なお、 metis sofie のライセンスは Named License ではなく、metis sofie にアクセス可能なユーザーの上限数のみを管理しています。月に一回、前月に一度もアクセスのなかったユーザーをカウント対象から除外しています。

仕様のお問い合わせ

metis sofie はスマートフォン版も対応していますか?

対応していません。metis sofie は Microsoft Teams アプリ上または、ブラウザ上(Google Chrome 推奨)で動作します。

metis sofie は iPad 版に対応していますか?

対応しています。ただし、Azure AD の条件付きアクセスにて、利用可能なブラウザを制限されている場合は利用できません。

metis sofie は多言語に対応していますか?

metis sofie は日本語及び英語での表示に対応しています(2020年3月現在)。metis sofie の言語設定を切り替える場合は、metis sofie にアクセスし、「管理」タブの中にある「個人設定」で変更を行ってください。

metis sofie は日本国外でも利用できますか?

できません。日本のタイムゾーンにのみ対応しています。

metis sofie のカスタマイズを行うことはできますか?

未登録会議通知の On/Off や、議事メモテンプレートの作成など、個人単位でのカスタマイズができます。お客さま固有の機能やロジックの実装、画面の変更を行うようなカスタマイズはできません。

metis sofie ではどのような情報を保存していますか?

metis sofie サービス上に保存しているデータと使用用途は こちら の「本サービスが保持するデータ」の項目をご覧ください。

metis sofie はクラウドサービスだと思いますが、アクセス制限はどのように実施していますか?

metis sofie を利用するためには、Azure Active Directory での認証が必要です。Azure Active Directorty では、認証のためのオプション機能(多要素認証や、条件付アクセス)を利用することで利用者のアクセス制御をすることが可能です。

Microsoft Teams を除いて、metis sofie に連携可能な Office 365 アプリケーションはありますか?
  • metis sofie で作成した ToDo は、Microsoft Planner で閲覧・編集することが可能です。
  • metis sofie で作成した議事メモは、Microsoft OneNote に移行することが可能です。 Microsoft OneNote に移行後は、metis sofie 上の議事メモは編集不可(読み取り専用)となるため、移行先の Microsoft OneNote で編集していただくことになります。
特定のユーザーにのみ metis sofie にアクセスさせることはできますか?

お客さまの Azure Active Directory にて、特定のユーザーに対するアクセス制限を行うことが可能です。Azure Portal 上で、アプリに対して「ユーザーの割り当て」という設定を有効にすると、アプリ使用を許可するユーザーを選択できます。

ユーザーのアクセス制御が可能なグループを教えてください。

セキュリティグループ(動的含む)単位でのアクセス制御が可能になります。ただし、対象セキュリティグループのユーザに付与するライセンスは、Azure AD の P1 以上である必要があります。配布グループ、Office 365 グループに対するアクセス制御はできません。

Microsoft Teams に招待している、外部のゲストユーザーも metis sofie を利用することはできますか?

ご利用可能です。ただし、以下の機能は利用できません。

  • 会議の新規作成、編集、削除
  • メモの送付
  • 会議リンクURLの取得
プライベートチャネルに metis sofie を追加することはできますか?

Microsoft Teams のプライベートチャネルの仕様上、追加することはできません。

利用方法のお問い合わせ

metis sofie で会議予約を作成できますか?

できません。metis sofie では、会議の目的やアジェンダ、ファイル、議事メモを一括管理する会議ファシリテーションのためのページを作成することができます。現在 Microsoft Outlook で登録された会議があれば、その会議予約と紐づけて会議ファシリテーションページを作成することができます。 会議予約については、姉妹製品である metis ami をご利用ください。

metis sofie で行った会議の内容を、チャネルのメンバーに共有することはできますか?

できます。会議ファシリテーションページにて「メモ送付」ボタンを押すと、会議の目的や決定事項、ToDo、議事メモ等の内容が Microsoft Teams のチャネルのチャットに送信されます。特定のメンバーをメンションすることもできます。参加者でないメンバーも、会議の内容を確認できます。

metis ami で作成した会議予約を metis sofie に連携できますか?

metis ami 上で会議依頼を作成するタイミングで、metis sofie と連携する機能があります。 連携したい Microsoft Teams のチャネルを選択すると、metis ami 側で作成した会議内容を反映した会議ファシリテーションページが、metis sofie 側で自動的に作成されます。metis ami の詳細については こちら をご覧ください。

議事メモにテンプレートを登録することはできますか?

できます。metis sofie の管理画面で議事メモのテンプレートを新規作成し、登録します。次に会議ファシリテーションページにて、議事メモを作成する際にテンプレートを選択して使用することができます。1つのチャネルに対して複数のテンプレートを登録可能です。

会議未登録通知の設定は変更できますか?また、どのような時に通知が送信されますか?

通知は個人で設定することができます。管理タブを開き、チェックボックスをチェックして保存すると、通知が送信されなくなります。個人設定のため、テナント全体で設定することはできません。

通知が送信される時の条件は以下の 4つです。

  1. metis sofie のアクティブユーザー※1であること
  2. 予定に Exchange Online 上のリソース(会議室など)が含まれること
  3. 前日に作成した予定であること(会議開催の日付は関係なく、予定の作成日をチェックしている)
  4. 主催者の個人設定で、「未登録会議通知」の設定が有効であること(上記図にて、チェックが入っていない状態)

※1 アクティブユーザーとは、前月もしくは当月に metis sofie の画面にアクセスしたユーザーを指します。

webinar link