Microsoft HoloLens を
利用した
工場の働き方改革を
実現する方法とは?

ホワイトペーパー公開中

商品の製造期間短縮と生産量・品質確保の両立や工場運営に携わる人材の確保など、製造業を支える工場は非常に多くのことを検討し、運営していく必要があります。旧来より、さまざまな努力で省力化・効率化し運営されてきましたが、ITの進化や世界情勢、ビジネス状況の変化により、今まで以上にスピード・質・量が同時に求められるようになりました。
そういった変化に対応するためには、工場勤務のフロントラインワーカーの方々がより省力で効率的に働ける環境づくりが欠かせません。

Microsoft HoloLens の

Mixed Reality(複合現実)を利用した
働き方改革が注目を集め始めています。

工場運営によくあるお悩み

工場単位での自己解決力の低下

工場
  • 日常的に発生するさまざまなトラブルに対応する人員を各工場に配置できていない
  • トラブル対応に必要な情報共有が不十分なまま運営している

本社や他の工場からの支援が非効率

工場
  • 海外も含めた全工場に熟練工の駆け付け対応ができない
  • スマホを利用した遠隔支援も実施しているが手振れや手が塞がってしまうことで作業効率が低い

熟練工からの技術伝承が難航

工場
  • 熟練工が培った非常に重要な知識や知恵が展開されていない
  • 紙でのやり取りが常態化していて、自工場内でのみ活用されている

このようなトラブルや教育に起因するお悩みにはデジタルの力、特に Microsoft HoloLens を始めとした MR の活用が有効な解決策の一つになります。

デジタルを活用した
トラブル対応
イメージ

デジタルを活用したトラブル対応イメージ

Microsoft HoloLens と Dynamics 365 Remote Assist を使用して、工場内の人員で対処できない問題対応のために本社や別工場からの遠隔サポートを手軽に受けることができるようになります。それだけでなく、トラブル時の作業内容の記録ができ、今まで難しかった作業内容のデジタル化と報告内容の精度向上が見込めます。

教育コンテンツを
デジタル化する
イメージ

HoloLens を利用した教育対応イメージ

Microsoft HoloLens と Dynamics 365 Guides を組み合わせて利用することで、機器操作の指示書の投影と実際の機器に対する操作方法のガイドを組み合わせた教育コンテンツを用意できます。書面や動画だけでは伝わりにくかった部分にアプローチした解説も加えられることで教育コンテンツの質が向上するだけでなく、同一機器が配置された世界中の工場で再利用でき、研修場所に各地から集まって実施する集合研修も不要です。
また、Microsoft HoloLens を使用したログが自動的に保存されるため、研修後の教育コンテンツの質分析によりさらなるコンテンツの品質向上もできます。

Microsoft HoloLens
の特長

工場

解決!ハンズフリーで使える

ヘッドマウント型デバイスで手が空いた状態で作業できるため、フロントラインワーカーのような現場作業の共有や教育に最適です。

工場

解決!自社の業務に合わせたアプリケーションが開発できる

マイクロソフトが提供している Remote Assist などの標準アプリケーションを利用して、すぐに業務適用ができます。より業務に最適化するために業務アプリケーションの開発もできます。

工場

解決!Microsoft 365 と連携できる

Microsoft HoloLens と Microsoft 365 は連携でき、 OneDrive for Business へ各種データの自動保存や、Microsoft Intune を利用したデバイス制御ができます。

利用シーンに
合わせた
デバイスの選択

HoloLens 2

HoloLens よりも大きく進化した新しいデバイス
HoloLens 2

屋内での利用を想定した標準的なモデルです。解像度の向上により自然な表現を実現し、Microsoft HoloLens (第1世代) と比べ没入感を大幅に向上させています。
Microsoft HoloLens 

Trimble XR10

より安全性を必要とする環境に向けて作られた
ヘルメット一体型デバイス
Trimble XR10

工事現場などでの利用を想定したモデルです。骨伝導ヘッドセットが付属し、耳を塞ぐことなく作業ができるため、外部音を遮断することなく、周りに注意を配りながら作業をすることができます。
Trimble XR10 | 株式会社ニコン・トリンブル 

HoloLens 2 Industrial Edition

厳しく制限された環境で使用するために設計、開発、テストされたデバイス
紙情報のデータ化

クリーンルームでの利用を想定したモデルです。故障時も迅速に交換できるラピッドリプレースプログラムに対応しています。

JBS からの
特別オファー

日本では JBS だけ!
Dynamics 365 Remote Assist バンドル版
提供開始

HoloLens 2
HoloLens 2 本体 + Dynamics 365 Remote Assist バンドル版(12カ月 or 36カ月)
同時購入するとライセンスを特別価格にてご提供
  • Microsoft HoloLens 2 と Dynamics Remote Assist を同時購入される場合に利用できます。
  • Microsoft HoloLens 2 1台に対して Dynamics Remote Assist ライセンス 1つを特別価格でご購入いただけます。
  • Microsoft HoloLens 2 1台に対して 2つ目以降のライセンスは通常価格でのご購入になります。
  • バンドル版でのご購入の場合、ご契約の途中解約はできません。予めご了承ください。
お問い合わせ

Microsoft HoloLens
導入時のお悩み
Top 3

有効活用できれば、より先進的で画期的な働き方を実現できるのが Microsoft HoloLens です。最大限活用するためには、業務に合わせたアプリケーションの用意や運用の整備などが必要になりますが、今までにないデバイスのため、導入に向けて大きく 3つのお悩みに直面されることが多くなっています。

MR 活用イメージが湧かない

工場

デバイスを手に入れたものの、どのように MR を業務適用すればいいかが分からない

導入の進め方が分からない

工場

過去のシステム導入とは異なる考慮が必要で、どのように進めればいいかが分からない

開発が必要な範囲が分からない

工場

標準アプリケーションでできる範囲と業務適用のために開発が必要な範囲が見極められない

JBS が提供する

Microsoft HoloLens
導入アプローチ

学ぶ

工場

Microsoft HoloLens を身に着け実体験していただくことで、MR の理解と活用のアイデア発想を促進します。

体験する

工場

デバイスのレンタルにより、実際の現場で操作・体験いただくことで業務活用イメージを掴みます。

検証する

工場

ヒアリングに基づいて開発したアプリケーションのモックアップを実業務で活用し、その価値と効果を検証します。

ファーストステップガイド for Microsoft HoloLens

Microsoft HoloLens 2 で、「できることが分からない」「どうやって操作すればいい?」と今までにない新しいデバイスに戸惑っている方に向けたトレーニングサービスです。ステップバイステップの体験学習で、HoloLens 2 の基本操作を学べます。
ファーストステップガイド for Microsoft HoloLens 

ワークスタディラボ for Microsoft HoloLens

Microsoft HoloLens 2 を業務活用する方法を検証するために必要な、計画立案や検証アプリケーションの提供、評価の実施までをセットにしたサービスです。評価に必要な作業の支援を利用することで、効率よく評価を進めることができます。
ワークスタディラボ for Microsoft HoloLens 

Microsoft HoloLens レンタルサービス
(Supported by 横河レンタ・リース株式会社)

Microsoft HoloLens 2 を最短 1週間からお試しいただけます。

お客さま

Microsoft HoloLens 2 に関する事なら
何でもご相談下さい

JBS では Microsoft HoloLens 2 の販売からソリューションの実装、アフターフォローまで全方位に渡ってお客さまを支援しています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ