月刊 JBS Newsletter 第38号 2019年12月4日

1. 残念な会議、コミュニケーションロス…変えるヒント公開中

2. Microsoft ソリューションの活用をサポート

3. イベント/セミナーのご紹介

1. 残念な会議、コミュニケーションロス…変えるヒント公開中
残念な会議、コミュニケーションロス…変えるヒント公開中

残念な会議、コミュニケーションロス…変えるヒント公開中

オフィスワーカーの業務において、とにかく多くの時間を占める会議。すべてが生産的で、成果に結びつく会議かといえば…。日本企業における会議の実態と”残念な会議”を減らすヒントを特集でご紹介しています。

» つづきはこちら

組織内コミュニケーションと生産性向上が課題に! Microsoft Teams 導入・展開、これからどうする?

導入検討が進まない、社内に定着化せず悩んでいる…Teamwork Assessment をしてみませんか?「組織にとってベストなチームワークのあり方」を具体化し、導入・定着化プラン作成を支援します。

» 詳しくはこちら

Security Workshop(脅威可視化 PoC)

見えない脅威を「見えた!」に変える。Security Workshop(脅威可視化 PoC)

サイバー攻撃対策はできていますか?このワークショップでは、Microsoft 365 E5 により、お客様の実環境におけるセキュリティリスクを可視化します。マイクロソフトの最新セキュリティソリューションの優れた検知力を実感いただき、今後の計画にお役立てください。

» 詳しくはこちら

Windows 10 Assessment を通して解決!

Windows 10、Office ProPlus への移行の不安、Windows 10 Assessment を通して解決!

このアセスメントでは、お客様の現 IT 環境のヒアリングを通して Windows 10 及び Office 365 ProPlus への移行の障害になりうる課題を洗い出し、より安全な移行計画作成へのアドバイスをします。

» 詳しくはこちら

Office 365 / Microsoft 365 をクイックに活用するメニューのご紹介

ライセンス、有効活用できていますか? メールだけじゃない、Office 365 / Microsoft 365 をクイックに活用するメニューのご紹介

Office 365 を導入したけれど、 Exchange Online しか利用していない…そんな”もったいない”を、クイック導入サービスで解消しませんか? スマートスタートシリーズは、 Exchange、SharePoint、 Teams、アクセス制御に対応しています。

2. 新サービスぞくぞく マイクロソフトソリューションの活用をサポートします

新サービスぞくぞく マイクロソフトソリューションの活用をサポートします

とうとう 2020年1月に Windows 7 のサポート終了がやってきます。みなさますでに移行、導入は完了されたでしょうか? Windows as a Service というコンセプトを採用している Windows 10 はこれまでの Windows OS と様々な点で異なりますが、その最たるものといえば 更新プログラムの適用方法(Windows Update)の変化ではないでしょうか。Windows10 にするとどんなことが起こるか、おさらいしてみましょう。

  1. Windows 10 では、半年ごとに新しい OS がリリースされます。 Windows 7 では 3年程度のサイクルでリリースされていたサービスパックが、半年に一度リリースされるイメージです。 これを機能更新プログラム(Feature Update)と呼びます。
  2. この機能更新プログラムが提供された日から 18ヶ月がサポート期間となり(※)、それを過ぎるとセキュリティ更新プログラム(月次パッチ)が提供されなくなります。
    ※3月に提供される機能更新プログラムの場合。 9月に提供される機能更新プログラムはエディションによりライフサイクルが異なり、 Enterprise Edition 、Education Edition の場合は 30ヶ月、それ以外では 18ヶ月間セキュリティ更新プログラムが配信されます。
  3. セキュリティ更新プログラム(月次パッチ)は累積型です。提供されたパッチを適用せずにいると、雪だるま式にサイズが増加します。

この機能更新プログラム(Windows Update)の適用方法の変化は、PC運用にさまざまな課題をもたらしました。たとえば

  • Windows 7 から Windows 10 へ移行したいが、具体的な運用について方針が決まらない。
  • ネットワーク 帯域への影響を考慮したうえで、大容量のファイルを効率的に配信するためのツール、仕組みが整っていない。
  • Windows 10 に次々追加される新機能のキャッチアップや、従来の端末運用業務の見直しで、人的リソースが不足する。
  • 拠点数が多く、そもそも Windows 7 の時から、各種更新プログラムの配信ができていなかったが、いよいよ Windows 10 では配信の仕組みを整備しなくてはならない…。

JBS では、上記のようなお悩みを抱えるお客様に向けた、 SCCM 運用支援サービスを提供しています。 Windows 10 の管理において面倒な機能更新プログラムや品質更新プログラムの配信作業を中心とした基本メニューと、 Windows 10 を管理するためのオプションメニューを多数用意したサービスです。
配信に対して考慮がゼロの状態からでも、環境のアセスメントから環境構築、運用代行まで支援いたします。お気軽にお問合せください。

» Windows 10 運用なら- SCCM 運用支援サービス

24時間 365日の Office 365 監視・保守代行- Monitoring bundle for Office 365

異常を検知後、JBS のエンジニアがお客様環境の Office 365 稼働状況やステータス確認だけでなく、メール送受信状況やサイト閲覧状況まで動作確認します。動作確認にて異常が確認された場合は、マイクロソフトへの問い合わせまで代行します。 24 時間 365 日ワンストップで提供します。

» 詳しくはこちら

監査ログを長期保管- Audit Log Container for Office 365

標準では 90日で消失してしまう Office 365 の監査ログを長期保管し、お客様の必要な時に取り出して利用いただける環境を SaaS サービスとして提供します。

» 詳しくはこちら

定常運用のアウトソース- Office 365 運用代行サービス

社内からの作業依頼などに追われている担当者向けの、運用業務を代行するリモートサポートサービスです。
定期的に発生するユーザー管理をはじめ Office 365 の業務運用代行をお任せいただけます。

» 詳しくはこちら

マニュアル作成・更新不要- Content Box サービス for Office 365

最新の Office 365 マニュアルや活用シナリオを閲覧・ダウンロードできるサービスです。Office 365 の有効活用による生産性向上に加え、ユーザーの自己解決能力の向上や、IT 管理者のマニュアル管理や問い合わせ対応の削減という好循環サイクルを生み出します。ただいま 6ヶ月無償キャンペーン実施中!

» 詳しくはこちら

「使えるようになる」ための- Microsoft Office 365 生産性トレーニング

連携機能の多彩さのために Office 365 を使いこなせていないと感じているお客様に向け、JBS が Office 365 の自社利用で経験したペインポイントや実践的なナレッジを反映させたトレーニングサービスです。

» 詳しくはこちら

3. イベント/セミナーのご紹介
Microsoft Ignite The Tour Tokyo12月5日(木)~6日(金) 、Osaka 1月23日(木)~24日(金)に出展!
日本マイクロソフト株式会社主催のテクニカル カンファレンス「Microsoft Ignite The Tour」に出展します。当日は「Microsoft Teams と連動して会議のファシリテーションを支援するアプリ metis sofie」 をご紹介します。ぜひお立ち寄りください。
» Tokyo » Osaka
12月17日(火)<Microsoft・Lenovo・JBS 3社共同開催> 最高のコストパフォーマンスを実現する Azure Stack HCI 徹底解説!
Azure Stack HCI とは何なのか、なぜコストパフォーマンスが高いのか、どのように利用できるのか等をデモも交えて詳しくお伝えする他、将来の IT 基盤の姿についてもご紹介します。
最高のコストパフォーマンスを実現する Azure Stack HCI 徹底解説!
<好評につき追加開催決定!> Microsoft 365 を聞いて触って理解する!1枠 1社限定、ハンズオンセッション申込受付中
Microsoft 365 の機能や操作感について、実機を使用したハンズオンで体験いただけるクローズドセッションを無償で開催しています。現在、12月までの日程をオープン中!Microsoft Teams の具体的な使い方も確認できます。4名様以上でお申し込みください。
セキュリティインシデントに備える、今できる対策とは
line

JBS は FastTrack* for Microsoft 365 Partner です。
150 シート以上ライセンスをご契約頂いているお客様は、無償の FastTrack 特典を利用いただける可能性がございます。FastTrack プログラムへの登録をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

*FastTrack とは
マイクロソフトのサブスクリプションライセンスをご契約のお客様が無償で利用できる特典です。クラウド製品の導入計画やアセスメントを支援するマイクロソフトの純正ガイダンス資料を利用いただけます。

» 詳しくはこちら:FastTrack サービスのご紹介

FastTrack

本メール中に記載されている社名・商品名等は各社の商標または登録商標です。


月刊 JBS Newsletter 第38号
日本ビジネスシステムズ株式会社    03-4540-6478   お問い合わせ   個人情報保護方針
© Japan Business Systems, Inc. All rights reserved
  • 本コンテンツのすべての内容は、JBS Newsletter 発信時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。
    また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。
  •  
  •