快適なリモートオフィスを実現!

リモートワークの業務生産性を最大化する、デバイス選定の秘訣教えます。

最適なデバイスを相談する

急に始まった「新しい日常」に対応し事業を継続させるため、十分な準備がなくリモートワーク/テレワークに踏み切った企業も多いのではないでしょうか。
リモートオフィス(自宅などの就業環境)から仕事をすることで、初めて気づくさまざまな問題があることが分かってきました。

JBS 社員に聞いた、リモートワークしてみて困った!デバイス関連問題

オフィスでは、モニターに接続して作業していたので快適でしたが、ノートパソコンのモニターで作業せざるを得なくなり、目の疲れや肩こりが気になるようになりました

(30代 / 女性)

元々、ノートパソコンのみで作業していたため作業については問題ありませんでしたが、子供と同じ空間で Web 会議をするわけにはいかず、寝室やお風呂に移動し声が漏れないよう非常に気を使いながら対応しています。

(40代 / 女性)

急なことだったので、物置として利用していた部屋に机を置いて対応していましたが、ノートパソコン付属のモニターが小さいことで作業効率が下がったと感じています。また、心なしか就業時間もリモートワーク前に比べて伸びてしまっています。

(30代 / 男性)

作業している時に、充電ができなくなり機器交換となりました。交換のためだけに出社することになってしまい困りました。

(20代 / 男性)

リモートオフィスであるある デバイス問題の一例

デバイス | リモートオフィス整備に関する問題の一例

デバイス調達

  • 据え置き用途なので持ち帰れない
  • ディスプレイが小さく作業がしづらい
  • Web 会議用のマイクがない
デバイス配布 | リモートオフィス整備に関する問題の一例

デバイス配布

  • 配布前のキッティング作業が大変
  • デバイスを手渡しするため出社が必要
  • 初期設定がオフィス内でしかできない
デバイス運用 | リモートオフィス整備に関する問題の一例

デバイス運用

  • 私用デバイスからも接続できてしまう
  • リモートでのパッチ配信が必要
  • 障害対応に出社が伴ってしまう

今まで以上の生産性をリモートオフィスで発揮するための最優先事項は、リモートオフィスに合ったデバイスを調達・提供することにあります。
特に、ご自宅で就業される場合は「書斎(仕事用に用意されたスペース)が自宅にあるかどうか」によって、デバイスに求めるスペックが大きく変わることが分かっています。

書斎の 「ある」「なし」 で、こんなに変わる「リモートワークのお悩み」

書斎が「ない」 書斎が「ある」
場所の影響 リビングなど共有スペースのため余裕はない 専用スペースのため余裕はある
画面の影響 ノートパソコンの画面だと小さく作業しづらい ノートパソコンの画面だと小さく作業しづらい
音の影響 子供の声など生活音や自分の話し声が気になる 生活音はあまり気にならないが、漏れ聞こえは気になる
Web 会議の影響 生活空間が映し出されるため気になる
家族やセキュリティに配慮して寝室やお風呂で対応している
趣味のものなどが映し出されるため気になる
大きな声で話して家族に聞こえないように気にしている

書斎の 「ある」「なし」 のお悩みを解決するデバイスとは?

Web 会議システムの背景変更機能など、リモートオフィスだからこそ生じるお悩みを解決するアプリケーション機能が快適に動作するデバイスを選定することが重要です。 その上で、書斎「あり」「なし」のお悩みを解決するデバイスとはどのようなものでしょうか。

「書斎がない !」 方には

  • 作業が快適な大きい画面 : リビングなど限られたスペースでも、できる限り快適な作業環境を確保するために、大きめのディスプレイが搭載されたノートパソコンがお勧めです。
  • 軽量・薄型のボディ : 家族など同居者に配慮し、リビングから寝室へ移動したり、食事の邪魔にならないところへ片付けたりできるように、作業が快適にできる大きさのディスプレイを搭載しつつも、軽量で薄型のものを選ぶことが重要になります。
  • 操作性の高いマウス : 快適に作業をするためにマウスの利用は欠かせませんが、省スペースで使い勝手がよく、持ち運びもしやすい小さいながら操作性が高いマウスを利用するとよいでしょう。
  • 聞き取りやすいヘッドセット : 家族が生活している空間で通話する場合だけでなく、寝室など移動した先でも、ノートパソコン付属のスピーカー・マイクで Web 会議などを行うと、音が拡散し家族の耳に届いてしまいます。 家族とはいえ、業務情報が知られないように通話をするためには、ヘッドセットの利用が有効になります。 さらに、ノイズキャンセリング機能付きのものを利用することで、生活音の混入も防ぎ、快適な通話環境を整えることができます。

「書斎がある !」 方には

  • 独立したモニター : 据え置きの大型ディスプレイを搭載したノートパソコンで広い作業領域を確保したとしても、作業する際の姿勢などにより長時間の作業には不向きです。 そのため、利用者自身の姿勢や使い方にある程度合わせることを想定し、セカンドモニターを利用することがお勧めです。 さまざまな環境に対応するために、小さ目のノートパソコンにモニターを接続する構成はいかがでしょうか。
  • 独立したインターフェース : 作業効率向上のためには、マウスだけでなく独立したキーボードを用意しておくとよりよいでしょう。
  • 機密性の高いヘッドセット : リビングなど、家族が生活している空間で作業する場合よりも音は気になりませんが、Web 会議などの通話やスピーカーから出る音が、別室や室外に漏れ聞こえることがあります。また、キーボードの操作音を拾ってしまい知らない間に不快な音を届けてしまうこともあります。そういった漏れ聞こえによるセキュリティ事故の抑制や快適な通話を実現し、会議に集中するために専用スペースであってもノイズキャンセリング機能付きヘッドセットのご利用をぜひご検討ください。

書斎「ある」「なし」別・リモートオフィス能率アップ デバイス セット

書斎なし・オススメ セット 書斎あり・オススメ セット
ノートパソコン Lenovo ThinkPad X1 Carbon(14.0インチ/Core i5/8GB/256GB) Microsoft Surface Pro 7(12.3インチ/Core i7/16GB/256GB)
ヘッドフォン Jabra Evolve 75 スタンド付 Poly Voyager 5200 UC
マウス Logicool MX ANYWHERE 2S Microsoft Arc Mouse
キーボード - エレコム TK-FCM090SBK 有線静音キーボード
モニター - Dell プロフェッショナルシリーズ P2219H 21.5インチワイドモニター
価格(税抜) ¥277,200
¥252,280
備考 Lenovo ThinkPad X1 Carbon は 14型大画面ながら、約 14.95mm・約 1.09㎏の薄くかつ軽量なボディで、リビングなどでの作業に最適です。
MIL 規格(米軍調達基準)テスト 12項目をパスする高い堅牢性を持ち、子供と過ごす空間での作業時や持ち運び時も安心です
上記の他、モニター接続用に Surface Dock 2 もセットに含まれています。Microsoft Surface Pro 7 はタッチペンにも対応し、会議での手書き解説など利用シーンが多岐に渡ります。
Windows Hello を設定すれば、セキュリティ面も安心してご利用いただけます。
※上記価格は、2020年8月時点のものです。現在の価格や在庫についてはお問い合わせください。

セットに含まれていない付属品だけでなく、ご利用環境に応じたデバイスセットのご提案にも対応いたします。
ぜひこの機会に自社に合った最適なデバイスセットについて、お気軽にご相談ください。

特別企画!ノイズキャンセリングマイクを実音でご確認ください

2020年 8月現在、さまざまなマイクが発売されています。しかし、マイクの性能は使ってみないことには分かりづらいものです。そこで、JBS では生活している中で耳にする「掃除機」「皿洗い」「救急車のサイレン」「赤ちゃんの泣き声」の 4種類のノイズ音がバックグラウンドで流れる中で、話し声がどの程度クリアに聞こえるかを 10種類のマイクで比較しました。そのうちデバイス内蔵マイク 1種類と、ノイズ音が気にならず話し声がクリアに聞こえると感じた 2種類を選定し公開します。各マイクの性能をご自身の耳で体験いただき、製品選定にお役立てください。